血管年齢を若返らせる若返り体操・筋トレ方法で健康を目指す

血管年齢を下げるための若返り体操

血管年齢を下げるための若返り体操はその場で足踏みをするなどの有酸素運動が良いとされていて、高齢者の場合は椅子に座ったままの姿勢で足を上下に動かすだけで十分に効果があります。

筋トレは負荷が大きくなると無酸素運動となるので、血圧が上昇する可能性があるので、高血圧の場合や血管年齢が高い場合には医師に相談をしてから行う必要があります。筋肉を鍛えることで、内臓の働きも良くなるので、適度なトレーニングをすると血管年齢を下げるとともに健康な体を手に入れることができます。食事などにも気をつけるとさらに効果的です。

動脈硬化と筋トレについて

血管年齢の検査を受けて動脈が硬くなっていると診断された場合には、ウォーキングなどの軽い有酸素運動をするのが良いとされていて、負荷の大きなスポーツやトレーニングを無理に行うと脳梗塞などを起こす可能性があります。とくに夏の暑い日にジョギングなどをして脱水状態になると血栓が作られやすくなるので、それが脳や心臓の血管に詰まってしまうと心筋梗塞などのリスクが高まります。

一般的には適度なスピードで歩くことが血管年齢を下げるためには効果的であるとされていて、無理な運動は血圧を上昇させたり、脱水症を起こしてしまうので控えなければなりません。

人間ドックで血管年齢検査を受け、若返り方法に興味を持ちました

人間ドックでの血管年齢検査について

人間ドックで血管年齢検査をするためにはオプションとして2500円程度の自費が必要となる場合があります。血管年齢の検査では血管の硬さを調べたり、上腕や足首の血圧を計測するだけなので、5分程度で終了します。

服を着たままでも行うことができるので、気軽に受診をして血管年齢をしることができるので、その結果を参考にして血管や体のアンチエイジングをするために役立てることができます。

また最近では結果を表などを用いてわかりやすく表示してもらえるので、自分の血管がどのような状態なのか簡単に知ることができます。

血管年齢と動脈硬化について

人間ドックで血管年齢を計測することは動脈の柔軟性を測るということなので、動脈硬化がどの程度進行しているのか知ることができます。動脈が硬くなっている人はアルコールを過剰に摂取している場合や喫煙習慣があることが多いのですが、その他にも脂肪分の多い食事が好きである場合や太っている場合などには血管年齢が高くなる可能性があります。

また血管が硬くなることで血圧が高くなるので、血管がどの程度硬くなっているのかを知ることで、健康に対するリスクを知ることができたり、生活習慣や食生活の改善に役立てることができます。

血管年齢の計算方法は?セルフチェックで健康維持

血管年齢の計算の仕方

血管年齢は動脈硬化の進み具合を意味しています。動脈硬化を起こしやすい生活習慣があります。ストレスや栄養のバランスが整っていない食事、飲酒、運動不足などです。

血管年齢を知るためには、自分の生活習慣をチェックする必要があります。血管の老化を進める生活習慣を行っていないか、チェックすることでおおよその老化具合を知る事ができます。はっきりと数値に出したい場合はインターネットサイトを利用すると良いでしょう。いくつかの項目をチェックすることによって、自動的に血管年齢を計算してくれるサイトがあります。

血管の老化を改善する方法とは

血管の老化を改善するためには、生活習慣を見直す必要があります。睡眠不足、脂分に偏った栄養バランスの食事、ストレスをためることなどが血管を老化させます。また、飲酒や暴食、運動不足なども動脈を硬化させる原因になります。

血管の老化を放置すると、やがて心臓病や脳卒中などの重大な症状につながる恐れがあります。生活習慣を見直して、食事の栄養バランスや飲酒量などを改善することが大切です。また、生活の中に適度な運動を取り入れること、ストレスを避けることなども血管の状態の改善につながります。まずは生活習慣のチェックから始めてみましょう。

まずは改善意識から!血管年齢が高い人はこんな人!

血管年齢と改善する意識について

血管年齢を高めてしまう最大の原因とされるのはタバコや塩分のとり過ぎなどで、これらの生活習慣を変えていくためには改善するための意識をもつことが重要です。

タバコはニコチンによって習慣性が付いてしまっているので、強い意志を発揮しなければ禁煙することが難しいのですが、血管年齢を知ることによって意識を変えて、禁煙に取り組む人も数多くいます。

自分の血管の状況を知るためには医療機関などで検査をしてもらう必要があるのですが、血液検査や血圧の検査の結果が良好な場合には血管年齢は通常であることが多いとされています。

動脈硬化と血管年齢について

血管年齢が高いと血管の壁の部分が硬くなっていることが多いので、血圧が高かったりすると柔軟性を失っている血管が破裂することがあります。動脈硬化は脳出血などの原因にもなるので、生活習慣を改善して通常の血管に戻す必要があるのですが、そのためには軽いウォーキングなどの有酸素運動や禁煙、暴飲暴食をやめることなどが必要になります。

アルコールに関しては適度に飲んでいる場合には、血管にも良い影響があるとされているのですが、飲み過ぎると肝臓の負担が大きくなるので、逆に血管などを老化させてしまいます。

血管年齢を若くするための改善運動を大調査

血管年齢とは血管の老化です

血管年齢とは血管の老化のことで動脈硬化がどれだけ進んでいるかをあらわします。血管壁の老化で動脈血管から弾力が失われ硬くなり、弾力性がなくなるため血圧が上がると血管が破裂しやすくなり脳卒中になる可能性も高くなります。

食事やストレスの影響で実年齢よりも血管年齢が高い場合が多く、血管を若く保ったり改善するには正しい生活習慣が重要です。改善には食生活の見直しが必要です。食事はお腹いっぱいに食べず、ご飯はよく噛み、ゆっくり腹八分目を目安に食べます。また、青魚や良い油を使用し、飽和脂肪酸の多いバター、チーズなどの乳製品は摂り過ぎに注意します。

改善には運動も必要です

血管年齢を若く保つには食生活の改善と共に運動も必要です。体の余分な脂肪を燃焼させるためには必須で、有酸素運動を30分以上行なうことが一番効果的ですが、なかなかできない場合などは下半身を使うことを心がけます。

足を動かすことで体全体の血流がよくなります。ストレッチや軽い筋トレなどを30分することも良いです。ウォーキングなど体に負担がかからない軽いものが良いですが、短時間しかない場合などは縄跳びやラジオ体操なども良い方法です。1日だけ行なうのではなく、継続してできるものを見つけることも大切なことです。